Let's Make a Card~手作りカードの世界~スタンピン・アップ公認デモンストレーター

Independent Stampin’Up! Demonstrator in Japan and Australia

応援お願い致します!

Please click the button below.Thank you.
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
ペーパークラフト・文具 ブログランキングへ
 

ブログ村ランキング

 

プロフィール

ウェラード里美

Author:ウェラード里美
2014年より第一期のStampin'Up Japan公認デモンストレーターとして、体験クラス、カード教室を通じ沢山の方にスタンプやカードメーキング、ペーパークラフトの楽しさをご紹介してきました。スタンプ愛好歴は10年以上。
2015年12月よりシドニーに再度移住後も、Stampin'Up Japanの公認デモンストレーター活動を継続中です。
2015年1月からはStampin'Up Australia公認デモストレーターも兼任しています。

 

最新コメント

 

最新記事

 

2013. 12. 30

Good Bye Australia !

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

いよいよオーストラリアとお別れのときが来ました。今日の夜便で日本に帰国します。

毎年クリスマスはオーストラリアで主人の家族と過ごし、お正月は日本で、私の家族とともに新年を迎えます。
明日の今頃には、成田に着いていますがなんだか不思議な気持ち。また真冬の世界にもどるわけです。

天気がいい日は、いつも朝ご飯の前に散歩に出かけます。今朝も今年最後のブッシュウォークに行ってきました。
海辺の町なので、ブッシュウォークと言ってもビーチに出るための、けものみちみたいな部分を通り抜けるだけですが。

bush walk to the beach

bush walk to the beach2
ブッシュを抜けると、目の前には真っ白なビーチと海が広がっています。
これからビーチ沿いに、15分ぐらいのコースを歩きます。時々、水の中をバシャバシャと、童心に帰って道草
しながら歩くので、実際には30分ぐらいかかってしまいますが。
bush walk to the beach3

bush walk to the beach4
今日は、この時間がこれから満潮から潮が引いていく時間にあたったようで、ウォーキングコースのほとんどが海につかっていました。
bush walk to the beach5

あの灯台は、私たちの結婚式の写真を撮った記念すべき場所。灯台のふもとからビーチに降りる階段の途中でも撮影しました。もちろんウエディングドレスを着ての撮影だったので、ハイヒールを脱いで裸足でビーチに降りていきましたが。
bush walk to the beach6

灯台をぐるっと回ると、終点の小さな湾にたどり着きます。
bush walk to the beach7

ロックプールといって、岩を積み上げて作った天然海水プールがあります。
満潮に近い今日は、深さがたっぷりあって、泳ぐのには最適。

ひと泳ぎしたら、朝の散歩終了です。
bush walk to the beach8

この散歩コースとも、しばしのお別れです。


今日もご訪問ありがとうございました。皆さんのポチッがとっても励みになっています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 27

クリスマス当日

クリスマス当日は朝食後から、クリスマスディナーの準備に大忙しでした。

ディナーと言っても夕方の食事ではなく基本的に、一日で一番大がかりな食事を「ディナー」と呼んでいます。
なので、実際は午後1時半を目指して準備をはじめました。


主人のお母さんは、朝5時半に起きてポーク、ターキー、チキンをローストするためにオーブンをセット。
それからもう一度寝たそうです。

3つキッチンがあるので、こんな時とっても便利。一度に3つのロースト料理が完成します。

スナックテーブル、準備完了!
christmas table2

christmas table
メインテーブルもクリスマスらしくデコレーション。
christmas table4

ローストが出来上がったら、お肉のカッティングは男性陣の役割です。

主人のお父さん、主人、そして主人のお兄さんがそれぞれポーク、ターキー、チキンを切り分けました。
christmas table5

それからひたすら食べ続け、デザートのクリスマスプディングの前に、腹ごなしにプレゼント交換。

その後も、クリスマスプディングやスナックをつまみながら話がはずみ、えんえんと食べ続けるので
夕食はなしです。


今日もご訪問ありがとうございました。皆さんのポチッがとっても励みになっています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 24

オージーChristmas in Summer

クリスマスツリーの飾りもすっかり終わり、プレゼントも全てツリーの下に置きました。
christmas tree
明日のお昼にクリスマスディナーをしてそのあとプレゼントを開けます。

夏のクリスマスを過ごすオーストラリアでは、25日のお昼にどか~んとごちそうを食べて、夜はほとんど何もなしが一般的です。家の裏庭でバーベキューランチのパーティーをする家庭も多いです。

christmas tree2

ちなみにオーストラリアではバーベキューのことを短くして「バービー」と呼んでいます。
そしてマクドナルドはMACCAと呼ばれていて「マッカ」と発音します。

オーストラリア人やオーストラリア製のことはオージーといい、ハンカチ(ハンカチーフ)はハンキー。
男性の名前で、「デイビッド」は「デイボー」など、独特の省略の仕方があります。

全般的に言葉をはしょる傾向があり、ちょっとレイジーな、細かいことをあまり気にしないオージー気質を表しているような気がします。


Wishing you a very merry Christmas and many happy returns in 2014 !!


今日もご訪問ありがとうございました。皆さんのポチッがとっても励みになっています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 23

クラフトストア

South Coast滞在中に見つけたクラフトストア

田舎なのに、ものすごい充実ぶり。ここでもダイを購入しました。
craft store

craft store2
こういうクラフトストアが家の近くにあったら、毎日でも出かけてしまいます。
craft store4


今日もご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 22

South Coast

先週末、主人の知人を訪ねてSouth Coastまで遊びに行ってきました。

今滞在しているところはCentral Coastで、South Coastはシドニー中心部をまたいで反対側になります。なので、車で約4時間のドライブ。有料道路を通っている間は時速が100キロから110キロで、ほとんどを有料道路で突っ走っていたので距離にしたらかなりなもんだと思います。日本だと、名古屋からどれぐらいまで行けるでしょうか?

ちなみにこれは一般道路に入った後ですが、それでも時速70キロが制限速度!
south coast

木の上にコアラがつかまっていそうな雰囲気。でも道路に近い部分でコアラを見かけるのはかなりまれです。
south coast2

宿泊した海辺のちっちゃな町。
south coast3

south coast4
街といっても、このメインの通りの両側にちょっとしたお土産物屋とかレストラン、カフェ、サーフショップが並んでいる程度でした。シドニーという大都会のあるNSW州でも、2.3時間郊外に出るとかなり田舎になってしまいますが、他州の田舎と比べたらまだましです。
south coast5

south coast6
Shoal Havenと呼ばれるエリアの有名な7マイルビーチの一番端っこ。7マイルという長い距離をずっと白いビーチが続いており、遠浅です。シドニーからの夏のホリデーとしても、すごく有名な場所です。
south coast8
まだまだ学校が休みに入っていない時期だったので、ひっそりとしていました。ほとんど誰もいないビーチで
朝食後にひと泳ぎしました。
south coast9

south coast10

south coast11

その後、ヨットに乗っていたころに碇泊したことがあるGreenwell Pointを見に行きました。
South Coastのほとんどの湾にはヨットで立ち寄ったことがあります。
GreenwellPoint。
south coast12

south coast13

2011年の5月の終わりごろ、私たちのヨットもあのあたりにいたんですよね。
south coast14

south coast15

ここにはいい思い出とひやっとした思い出と両方あります。そしてその忌まわしきモーリンが、確かあれじゃないかなぁ。夜も更ける頃、ロープがひっかっかってヨットを離れさせるのに、物凄く苦労したのが、あのモーリンだと思います。
south coast16


今日もご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 20

ダイとエンボスホルダー

行きつけのクラフトショップに行って、ダイとエンボスホルダーをゲットしました。

残念ながら、カメラを持っていなかったのでショップの写真をとることができませんでしたが、こんな感じの場所です。

シドニーでは一番といっていいほどの、ショップ面積と品揃え。ダイの値段が昨年よりも安くなっていたのと、種類がものすごく多くなっていました。反対にスタンプの品揃えが減ったかな。

ダイはオーストラリア製のものがないので、ほとんどが輸入品となり、日本で買うよりも高いぐらいですが、さすがに米ドルとオーストラリアドルの力関係が逆転してからは、値段にも反映されるようになったのでしょう。

クイックカッツの正方形スカロプ12サイズ入りが、30ドルでした。日本円では2700円ぐらい?
envelope punch board6

一番大きなサイズはカードベースとしても十分なサイズ。
envelope punch board7

A5サイズカードの全面が全部入りきる大判のエンボスホルダーは10ドルでした。安い!!
Dariceはアメリカのブランドです。ペーパークラフト業界ではそれほど有名ではないですが、子供用の工作クラフト系では、結構知られているメーカーのようです。
シェブロン模様はまだまだ、人気です。
envelope punch board5


今日もご訪問ありがとうございました。ほぉっと思われたらポチットお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 18

クラフト雑誌第4弾

いったい滞在中に何冊のクラフト雑誌を購入することになるのでしょうか。


この雑誌はバックナンバーではなく、最新号です。創刊号から買い始めたお気に入りの雑誌でした。

久しぶりに最新号を買ってびっくり。またまたおまけがグレードアップしていました。
craft mag8

カイザークラフトというオーストラリアブランドのメーカーデザインの、クリスマスペーパーパックとスタンプ、タグのエンベリッシュメント。
craft mag9

なななんと、ペーパーパックはダブルサイド!おまけペーパーパックなのに。
craft mag10

craft mag11

私が知らなかっただけで、最近のおまけはダブルサイドのパックもありだったのかなぁ。それともこの号が特別だったんでしょうか。いずれにしても、来年はこの雑誌を定期購読したいと思います。
craft mag12

そして、もう一冊。Get Stampingというタイトルだけあって、スタンプセットが本格的。似たようなデザインのスタンプは持っているのですが、ブーツのスタンプに惹かれました。
craft mag13

このカード作ってみたい。
craft mag15

スタンプ歴が長いので、たいていのテクニックは知っているつもりでしたが、まだまだ知らないことがあったんですよね。この雑誌にはこれまでどこでも、見たことがないスタンプのカラーリングテクニックが紹介されていました。バンビのスタンプ(トナカイかもしれませんが、私的には小鹿のバンビに見える。)、幻想的なカラーリングですよね。色鉛筆で彩色してあります。

帰国したらぜひ試してみたい。ソリッドスタンプの可能性がさらに広がった、テクニックでした。
craft mag16

今日もご訪問ありがとうございました。ほぉっと思われたらポチットお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村


2013. 12. 16

エンベロープパンチボード別の使い方!

話題のエンベロープパンチボードですが、封筒を作るためのパンチですが、ほかにもこんなことが
できます。

このビデオを観たことが購入の決め手となりました!!是非参考にしてみてください。

<エンベロープパンチで立体封筒>
http://www.youtube.com/watch?v=CmgBeWjdfE8

<エンベロープパンチでギフトボックス>
http://www.youtube.com/watch?v=V1ndaXfGKtw



今日もご訪問ありがとうございました。皆さんのポチッがとっても励みになっています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 14

Envlope Punch ボード

ついに、WRメモリーキーパーズのEnvelope Punchボードをゲットしました!!

ただ、私のはStampin Upを通してオーダーしたので、ちょっと高かったのと、ロゴがSUになっています。同じものなのに、ロゴがSUになると高いのはあまりうれしくないのですが、ほかにSUの方眼紙パッドを買いたかったのでついでに注文しました。どのサイトでも、パンチボードが人気で売り切れていることも多く、確実に手に入れたかったのもSUでオーダーした理由の一つですが。
envelope punch board

WRの方にもついているのか、SUだけの追加なのかわかりませんが、大きいサイズの封筒が作れるサイズ表のステッカーが別についてきました。あとは説明書。

envelope punch board2

早速6インチx6インチのペーパーでミニ封筒作成。

スっごく簡単でした。サイズをまったく気にせず、サイズ表のとおりに、一度合わせれば後はスコアした線を矢印のところに合わせて、何も考えずにパンチするだけ。
他にも、エンベロープテンプレートを持っているのですが、テンプレートを映してカットすると、微妙にサイズがおかしくなって、きちんとした正方形や長方形にならないことが多かったんです。

でも、このパンチボード、規制のデザイナーペーパーをそのまま使えばいいので、ゆがんでしまう不安はなし。
プロ級の出来栄えです。
envelope punch board3

滞在中に、ギフトカードなどを送る必要性がある‘かも‘というだけで、6インチx6インチのペーパーパックを、どさくさに紛れて3セットも購入してしまいました。
どれもKマートのオリジナルブランドなので、1パック6ドルだし、紙が薄いので封筒づくりにはぴったしでした。
envelope punch board4


今日もご訪問ありがとうございました。ポチッがとっても励みになっています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 11

クラフト雑誌第3弾!!

ショッピングセンターに用事があるたびに、ニュースエージェントを除いています。
前回どうしようか迷って買うのを止めたバリューパック、どうしても気になってやっぱり買ってしまいました。

ま、どうせ買うんだからいっぺんに買えばよかったんですが、自分をじらして、わくわく感を高めている一面もあります。

このバリューパックはPapercraft Essentialという月刊誌とカードメーキングキットになっているものが一緒に入っていたので、かなりなお得パック。カードメーキングキットは同じものをバックナンバーとして、今でも購入できますが、その場合は、セットで19ドルぐらいかかります。バリューパック自体の値段が17ドルほどで、もう一冊入っていたわけなので、バリューパックの名に恥じない充実ぶり。
craft mag

おまけに、なぜか余分にスタンプセットが入っていました。これも過去に他のクラフト雑誌のおまけとして着いていたものでしょう。
craft mag2


これがキット。パックの中には、カードを作る材料と雑誌が入っています。
craft mag6
充実のキット。スタンプセットや、ペーパー、カードストック、チップボード、リボンなど、あとは糊とペーパートリマーとインクパッドがあれば誰でもすぐにカードが作り始められます。
craft mag7

月刊誌のほうはこれ。
craft mag5

おまけはこれでした。これもスタンプセット付。Woodwareもちゃんとしたクラフトメーカーで、そこのデザインのスタンプセットです。コーディネートされたバックグランドペーパーもついています。
craft mag4

今日もご訪問ありがとうございました。ポチッがとっても励みになっています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 09

クラフト雑誌第2弾

ニュースエージェントも地域によって揃えている雑誌の種類と内容に、かなりな差があります。

以前、シドニーの街の中に住んでいた頃、職場の近くのシティのど真ん中のニュースエージェントにはクラフト雑誌を買うような対象者がいなかったせいか、ほとんど料理関係の本ぐらいしか目にしませんでした。

住んでいたユニット(アパート)の目の前にもショッピングセンターがあり、その中のニュースエージェントはまあまあ。でも、主人の両親が住むセントラルコーストはさすがに郊外。クラフトを楽しむ専業主婦が多い地方らしく、そのエリアのニュースエージェントには、それまでお目にかかったことがないぐらい、クラフト雑誌が豊富で、行くたびにニュースエージェントめぐりをしていました。

どれぐらい沢山あるかというと。。。
クラフト雑誌コーナーのそれもカードメーキング関係のセクションがこれだけあります。この棚の続きには、編み物、刺繍、パッチワークなど、ずらっとあらゆる手芸系の雑誌が、ぎゅうぎゅうに詰められていました。
craft shop3
うーん迷う。全部欲しい。
craft shop4

でもバックナンバー(古い号)が2セット入ったバリューパックを発見。今日はとりあえずこれを購入。
craft mag

中に入っていたのはこの雑誌と、
craft mag1
この雑誌。両方とも、昔は定期購入していたものです。もともとイギリスが発売元だったんですが、それのオーストラリアバージョンが4年ぐらい前かなぁ発売されました。発売第1号からずっと長い間買っていたお気に入りの雑誌の一つ。
craft mag3

おまけは、というと、チップボードステッカー。
craft mag4

ペーパーパックはプリマデザインです!おまけといえども、最近は大手クラフトメーカーがデザインしたものがついてくるようになり、本当に充実しています。
最近、デジタル雑誌の人気が出てきて、アメリカのクラフト雑誌は売上が激減しているとききました。でもアメリカの雑誌っておまけがついていないらしく、であれば手軽なデジタル版の方がいいに決まっています。
でもイギリス、オーストラリアのクラフト雑誌は、売上確保のために年々おまけの質が良くなってきているので、読者としてはうれしい限り。もちろん、おまけがなかったら定期購読したり、わざわざ買いにいかないと思うので、おまけ戦略は成功しているということでしょう。

カードメーキングやスタンプを始めたばかりの方には、おまけが沢山ついてくる雑誌を一年定期購読することをお勧めです。1年後には結構、材料がたまっているし、デザインや作り方を雑誌から学べるので一石二鳥だと思います。日本から購読すると、送料を含めておそらく1年間で1万円近くになるかもしれませんが、カードメーキングの材料をそろえることを考えると、それほど高くないように思います。
私も、クラフト雑誌ですべてを学びました!!
craft mag2


今日もご訪問ありがとうございました。ポチッがとっても励みになっています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 07

Kマートでクラフトショッピング

オーストラリアにはKマートとBigWという2つの大手ディスカウントストアがあります。ディスカウントといっても物凄い安いわけではありませんが、衣料品からお菓子、ガーデニング用品などほとんどのものがそろいます。日本でいうところのイオンモールとかピアゴ(これは東海地方だけかな?)的なものでしょうか?
ターゲットはちなみに、オーストラリアではKマートよりもちょっとランクが上に位置づけられています。
田舎の方に行くと、ターゲットの事をデパートと呼んでいたのに驚きました。

さてさて、Kマートはクラフト用品も穴場。残念ながら年々スクラップブッキングコーナーが小さくなっていて、主人の両親の家の近くのKマートでは一時に比べて、半分以下の棚面積しかなくなりました。
同じKマートでも地方によって全く品揃えが違い、クラフト関係が充実しているのはやはり都会よりも、専業主婦の多い田舎地方のようです。

それでも、今年も近所のKマートチェック!!
craft shop

craft shop2

いまいちの品揃えでしたが、それでも目玉商品発見。
スクラップブッキングのキットを2種ゲット。一応アシッドフリーなのでフォトセーフの素材ですが、材質はそれほど上等でないです。でもタイトル用ステッカーから、エンベリッシュメントまで一通りそろって、6ドルなので十分満足。

craft shop5

これだけ入っています。
craft shop6

craft shop7

craft shop8

craft shop9

そしてたった5ドルのアルファベットスタンプセット。ちゃんと大文字小文字、それによく使うセンティメント、クリアブロックまでついていました。これもアクリルスタンプなので、雑誌のおまけにフリーでついてくるタイプの安い素材のスタンプですが、インクパッドの種類を選べばちゃんと押せるんで、問題なし。
アルファベットセットって、いくつ持っていても足りないぐらいなんですよね。
このサイズだとスクラップブッキングのタイトル用にもなるし、フォントも癖がなくて使い勝手がよさそうです。
craft shop10

craft shop11

craft shop12

しめて11ドルのお買い上げ。大満足でした!!

今日もご訪問ありがとうございました。ほぉっと思われたらポチッをよろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 06

クラフト雑誌第1弾

毎年ホリデーでオーストラリアに戻ったときの楽しみが、クラフト雑誌の購入です。
本当に沢山のスタンプやカードメーキング、スクラップブッキングの雑誌があって、どれを買おうかすごく迷うのですが、やはり決め手はおまけ。

到着したその日に、主人が免許証の更新をする必要があって、以前住んでいたMaroubraというサーフビーチで有名な街によりました。懐かしくって、いつも通っていたニュースエージェント(雑誌とか新聞、文房具などを販売するキヨスクのようなもの)に立ち寄り、早速クラフト雑誌購入。
stamping magazine

スタンプの専門誌で、おまけに結構立派なスタンプセットがついてきます。もちろん値段にはちゃんと含まれているのでしょうが、雑誌には、ついてくるスタンプを使った作品例が載っているので、初心者にはとっても参考になります。またベテランカードメーカーにとっても、アイディアのヒントが満載で、すぐに同じものが作れるのも、スタンプがついてくる強み。イギリスの雑誌で値段はオーストラリアドルで17ドルぐらいだったかな?日本円では1500円ぐらいでしょうか?
雑誌自体が高いオーストラリアでは、それほど高いものではありません。何にもおまけのない雑誌が1200円ぐらいしますから。
スタンプの質はアクリルなので、それほど上等ではないですが、デザインが可愛いので買ってしまいました。
stamping magazine1

stamping magazine2

これなんか、ほかのセンティメントでも応用できそうなので、帰国したら作ってみたいデザインの一つです。
stamping magazine3


今日もご訪問ありがとうございました。な~るほど、と思われたらポチッをよろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 05

Holiday in Sydeny

オーストラリアはシドニーから最初のアップです。

主人の両親は今、シドニー中心部から車で1時間ちょっとの郊外セントラルコーストという海辺のリゾートの小さな町に住んでいます。

到着した当日は、機内で一睡もできなかったので一日中睡眠補給をしていました。
時差が2時間しかないので(現在オーストラリアは夏時間)時差ボケはないですが、急にあったかくなったのと、思ったほどまだ暑くなっていなかったので、体がなじまなかったのか、当初は温度よりも寒く感じました。湿気がないので、気温が25度ぐらいだと肌寒く感じるぐらいです。

主人の両親の家にこれから1か月近く滞在するのですが、家の周りが湖で、毎日こんな景色を眺めていると本当に心が洗われる思いです。
holiday.jpg

主人の兄所有の釣り用小舟と、小型キャタマラン(2艘船)庭から直接船を出して遊ぶことができます。
holiday3.jpg

主人の両親のところに滞在する、つまりお姑さんやお舅さんと一緒、というわけですが日本ほど、この関係は堅苦しくありません。ま、うちの義理の両親は本当に気さくな方たちだし、日本に移住する前の半年ほど同居していたので、お互い気心が知れており、あまり気を遣う必要もなく、ゆっくり滞在できるんです。
それに、家の構造が変わっていて、壁は引っ付いていますが、母屋とゲストハウスが2つあって、その一つに私たち夫婦が滞在しています。食事は一緒にしていますが、バストイレは別々で独立した家になっているのでほどよくプライバシーもあります。このつかず離れずの丁度いい距離感が、長く滞在してもややこしくならない秘訣かもしれません。
holiday4.jpg

holiday5.jpg

holiday2.jpg

holiday6.jpg

holiday8.jpg

そういえば、初めて主人の両親の家に連れてこられた頃、シドニーなどの都会では見られないこの光景が、とっても珍しく思えたものでした。今ではペリカンを見ても、騒々しいな、と思うぐらいですが。
holiday7.jpg


今日もご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2013. 12. 02

お勧めネットショップ!!

これが実際にアップされる頃には、オーストラリアはシドニーに到着しているころだと思います。

不良品だったGina Kのスタンプの代替品が、出発の1週間前に到着しました。
届いたパッケージを見てびっくり。だって、代替品以外にもおまけが入っていたからです。

Happy Birthdayのスタンプと私が注文したキットのカラーにコーディネートしたリボン、それもキットに入っているリボンとは違う幅のものが含まれていたんです。
replacement stamp

バースデーのセンティメントは何個あってもうれしいもの。それにリボンもキットと色がコーディネートしているから、すぐに使えます。このあたり、作り手の気持ちを考えた細やかな心遣い。
ますますGina K社にほれ込んでしまいます。
replacement stamp1

今回、他にも日本国内のネットショップから通販していたものがありました。
Littel Angel さんで、ネリースネリンのダイを4セット注文しました。

相変わらず迅速な発送で、夕方近くになって注文したにもかかわらず、その日のうちに発送していただき②日後には受け取りました。
オーストラリア出発の準備やらで忙しかったのですが、新品のダイを試したくって、夜も更けてから早速カトルバグでカット。

でも、残念なことに購入した4セットのうちこのダイセットの切れ味が悪くて...というより切れないんです。
replacement stamp2

一番大きなサイズは、通常のプレートの組み合わせにさらにカードストックを加えて、圧力を増してみたら何とか切り取れたんですが、中ぐらいのと小さいダイは、それでも一部カットができず。
何回も繰り返してマシーンに通してみても、くっきりとは切り取れず、切れ目に沿ってハサミで切り取る始末。
replacement stamp3

そこで、Littel Angelさんに連絡したところ、もともとネリースネリン製は切れ味がスペルバインド―のようにはよくないとのことで、返品してくださいとのお返事でした。
私としては、デザインが気に入って購入したし、他のネリースネリンのダイは、私の持っているカトルバグでも十分カットできているし、これがたまたま不良品だっただけかもしれないので、交換していただきたい旨を連絡しました。
すると、在庫がほかにないとのことだったので、返金していただき、さらに一部使えるダイがあるので、それはそのまま持っていていいとご連絡いただきました。

このやり取りがたったの2日間ぐらいで行われ、その迅速で良心的な対応に、大感激!!

Littel Angelさんは他にも、My Favorite Thingのダイのストックがとっても豊富で、欲しいものが沢山ありました。何かあった時の対応も抜群で、これからもどんどんお買い物してしまいそうです。

おそらく日本の通販会社はカスタマーサービスの質がもともと高いレベルなのかもしませんが、それでもこちらがお願いしなくても私にとって最適な方法を提示していただいた心遣いは、本当にありがたかったです。

そんなサービスに慣れているからこそ、海外からの通販も、しっかりアフターサービスが行き届いた通販会社からお買い物していただきたいなと思います。私の個人的一押しは、もちろんGina Kです。
何かあったときのために、というのもありますが、そんな風にお客さんのことを大事に思っている会社をサポートして、これからも末永くビジネスを続けていってほしいからです。

今日もご訪問ありがとうございました。ポチッがとっても励みになっています。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

リンク

 

メールフォーム

お問い合わせはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯メールの場合はPCからの受信をOKにしておいてくださいね。
 

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QR