Let's Make a Card~手作りカードの世界~スタンピン・アップ公認デモンストレーターIndependent Stampin'Up!Australia Demonstrator

応援お願い致します!

Please click the button below.Thank you.
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
ペーパークラフト・文具 ブログランキングへ
 

ブログ村ランキング

 

プロフィール

ウェラード里美

Author:ウェラード里美
2014年より第一期のStampin'Up Japan公認デモンストレーターとして、体験クラス、カード教室を通じ沢山の方にスタンプやカードメーキング、ペーパークラフトの楽しさをご紹介してきました。スタンプ愛好歴は10年以上。
2015年12月よりシドニーに再度移住後も、Stampin'Up Japanの公認デモンストレーター活動を継続中です。
2015年1月からはStampin'Up Australia公認デモストレーターも兼任しています。

 

最新コメント

 

最新記事

 

2014. 05. 31

More ScanNcutカードCard No.66

Gina KビンテージチックスタンプTVキットのスタンプから、もう一つスキャンカットでカットしてみました。
外枠はいつもどおり2ミリ。風船とボディの間もすっきりカットできました。ハサミでこれをカットするのはちょっと面倒。
scanncut hello card7
ちなみに、外枠なしでカットするオプションだと風船の紐の部分もきっちりカットできるようでしたが、細すぎてマットからはがす時に破ってしまいそうだったので、外枠付のオプションでカットしました。前のカード同様、ドレスはペーパーピーシング。
scanncut hello card6

センティメントも前回のカードと同じ。今度は白ピグメントインクで押して、周りも同じインクでステイン。
scanncut hello card8
このカードには100均でゲットしたクリスタルを付けました。
scanncut hello card9

カードストック、デザイナペーパーともにGina K。
scanncut hello card5

今日もご訪問ありがとうございました。「ほぉっ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 29

スキャンカットで12インチレイアウト

久々の12インチレイアウト。スキャンカットの内蔵パターンを使ってエンベリッシュメントやタイトルを作ってみました。

まずはパターンペーパーの模様の一部をカット。
scanncut sb3

星形はサイズを変えて何個かカット。ジャーナル用のタグも内蔵パターンより。
scanncut sb2

タイトルの「Star」の「S」部分は、星形の中にアルファベットが入るように編集して、一気にカットしました。
裏側に別のデザイナーペーパーでバッキング。ペーパーは数年前にリタイアしたスタンピンアップのもの。緑色のボーダーもスキャンカットの内蔵パターンから。
ボーダーパターンが可愛いのが結構あるのですが、難点は、私の持っているマットでは12インチがカットできないこと。
なので12インチレイアウト用のボーダーがカットできないのです。最大11インチ半ぐらいなので、マックスでカットして隠れている部分でつぎはぎしています。別売りの長さ24インチマットを購入すると12インチまで伸ばすことができると思いますが。。。
何とも言えません。このあたり、このマシンがペーパークラフターではなくパッチワークをする人向けに開発されているからかもしれません。
scanncut sb1
全体像。
scanncut sb

他にも沢山スクラップブッキングで使ってみたい内蔵パターンがあります。デザイナーペーパーがあれば、コーディネートしたエンベリッシュメントを手作りできるので、経済的!!

今日もご訪問ありがとうございました。ポチッとしていただくと、とっても励みになります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 27

BrotherスキャンカットカードCard No.65

スキャンカットでスタンプイメージをカットしてみました。結構細かいラインのスタンプでしたが、ちゃんとカットできました。
2ミリの外枠を付けてカット。スタンプはGina KのVintage ChicスタンプTVキットより。
ドレスの部分はペーパーピーシング。カードストック、バックグランドペーパー、全てGina Kデザインです。
scanncut hello card3

100均でゲットしたパールとレースリボン。リボンは接着テープ付でした。
徒歩2分のスーパー内の100均ショップが、最近リニューアルオープンして売り場面積が増えました。そのため、手芸品の品ぞろえが増え、この接着リボンとパールもその一つ。お店を覗くのが楽しみになりました。
scanncut hello card4
パネルのダイカットはスペルバインダー。「A Happy Hello」センティメントはGina Kサイトのカードチャレンジで優勝した時の、賞品スタンプの一部です。やっと使うことができました。
scanncut hello card2

カードにパネルを貼る時、ちょうどいいポジションに貼るのって難しくないですか?
私はしっかり貼り付けたいので四方に両面テープを付けます。でも、両面テープのバッキングシートをいっぺんにはがしてから貼ろうとすると、曲がったまま貼ってしまったとき修正が難しいですよね。
そこで、私がやっている方法は、四隅の先っちょだけバッキングシートをはがしておいて、貼りたい部分に「仮貼り」します。
ポジションが決まったら、その部分を押さえて、残りのバッキングシートを一気にはがします。
こうすると、修正したい時、全部はっているわけでないので、簡単にはがしてから調整がききますよ。
scanncut hello card

今日もご訪問ありがとうございました。「なるほどぉ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 25

Inspired by card sketch Card No. 64

オーストラリアにいる主人の妹に、急きょカードを送る必要が発生しました。

時間がないけど、できるだけ素敵なカードを作りたい時、重宝しているのがスケッチとかカードマップとか呼ばれている、デザインのテンプレートを参考にします。
最近気に入ってるカードスケッチ専門のサイトからこのデザインを見つけました。
inspired by
すでに2年前のSimon Says Stampキットの残りペーパーとキットスタンプともう1セットのSimon Saysスタンプで、似たようなデザインを考えてみました。
inspired by2
スタンプセットのバラの花をペーパーに押して切り取り。手軽にコーディネートしたエンベリッシュメントが作れるので、よく使うテクです。簡単なアウトラインスタンプなので、ハサミでカット。
inspired by4
バラはいつも通りポップアップ。
inspired by6

100均で見つけたパールとクリスタル。見つけたときはとってもHappyでした。今回はパールを使用。白パールや透明クリスタルは、Copicなどのアルコールマーカーで着色できるんですよ!なので白や透明を用意しておけば、何色も違うパールを買う必要がありません。
inspired by3
グレー系のカラーコーディネートだったので着色なしでそのまま使いました。
inspired by5

こんな風に仕上がりました。スケッチが下書きになっているので、それを参考に、手持ちペーパーでいろいろ組み合わせを考えても、10分ぐらいでデザインが決まりました。テレビを見ながらのんびり組み立てたので、所要時間は45分ぐらいかかりましたが、集中すれば材料を集めてから出来上がりまで30分ぐらいで仕上がったと思います。
でも、もっと時間をかけてじっくり考えたように見えませんか?
inspired by7

今日もご訪問ありがとうございました。「ふぅ~ン。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 23

You are my hero男性向けカードCard No.63

Gina Kのスタンプキットを使ったカードをまた1枚。
scancut card5

他にスタンピンアップのリタイアしたラベルスタンプも使いました。それと、Gina Kの別のスタンプキットからの{羽」のスタンプも。
scancut card6
「羽」スタンプは、スキャンカットでカット。このままではスキャナーが認識しないタイプなので、鉛筆でなぞったものをいったんスキャンしておいてからカードストックをカット。そのあとでスタンプしました。このテクニックを使えば、どんなスタンプでもダイカットできることがわかったので、大満足です。
scancut card3
楕円の枠と鳥は別々のスタンプです。両方押してからスキャンカットで切り取りました。You are my heroはサークルラベルスタンプの中に、センティメントを押しました。カットは丁度いいサイズがあったのでパンチでカット。マッティングしたサークルはマニュアルダイでカット。
scancut card2

scancut card

scancut card4

今日もご訪問ありがとうございました。「なるほどねぇ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 22

スキャンカットで作るポップアップカードCard No.62

ポップアップのカットファイルを使って実際にカードを作りってみます。
 注)ポップアップのカットファイルは、Canvasを使って自作したので、内蔵パターンではありません。
カードのインサートはカットするだけで、ポップアップになりますが、カードフロントのエンベリッシュメントを中味とコーディネートします。
scancut cut file3
まずハート型をカットし、それをスキャンさせました。そのハート部分からLOVEの文字を切り取ります。スキャナーが付いているから切り取りたい部分を直接選べるのですごく便利。このあたりで真ん中ぐらいかな。
scancut cut file4
他にもサイズを変えて同じハートをカットしました。
scancut cut file5

カードフロント
scancut cut file6
「LOVE」はオレンジのハートからいったん切り取り、ピンクのカードストックでも同じ文字をカットし、オレンジのハートに埋め込みました。ダイカットした文字をこうやって埋め込むの、最近はやってますよね。
scancut cut file7

scancut cut file8
中のポップアップです。タグもスキャンカットの内蔵パターンで作りました。オレンジハートから切り取った「LOVE」をタグに貼って再利用。
scancut cut file9
上から見たところ。
scancut cut file10
閉じる時は、ハートはこんな風に折りたたみます。
scancut cut file11

Canvasを使いこなせるようになると、いろんな形のカードベースが作れたり、立体カードなんかが簡単に作れるようです。
まだまだ勉強が必要ですが、いつか使いこなしてみたいもの。でも自分で一から作らなくても、クラフトサイトなんかでカットファイルを共有してくれるありがたい方たちがいるので、当面は、それを拝借して自分流にアレンジしてみようと思います。

今日もご訪問ありがとうございました。「なるほど。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 20

スキャンカット編集ソフトCanvas

スキャンカット本体にも編集機能はついていますが、オンライでもっと多機能な編集ソフトが無料で使えます。(ScanNcut Canvas)
scancut canvas
自分のプロジェクトをオンライン上にキープすることもできるし、USBに取り込んで自分のPCに保存したり、スキャンカット本体にも取り込むことができます。
scancut canvas1
新しいプロジェクトを開けると、スキャンカットのマットと同じような画面が出てきます。名前がCanvasキャンバスなのは、ここからきているのでしょうか。
scancut canvas2

スキャンカット本体に内蔵しているパターンは、私が買ったバージョンのものはオンライ上にも入っていました。日本では販売されていないようですが、実はパッチワークキルトをする人を対象にしたバージョンは、内蔵パターンの数が私のよりも多いようで、それはオンラインには入っていないようです。将来的にアップグレードするようなので、オンラインのパターンが増える可能性があります。ちなみに、シルエットで使っているSVGカットファイルをスキャンカットように変換させる機能もCanvasにはついていますが、全てのSVGが変換できるわけではないようです。
scancut canvas3
作成したカットファイルをUSBに入れて本体に移しました.
scancut cut file2

スキャンカット本体に取り込んでみた、自作のカットファイルです。長方形とハートを組み合わせたものです。
ポップアップカードのインサートの部分です。自作、といっても最初から自分で考えたわけではなく、You Tubeでみた編集の仕方ビデオに沿ってやってみました。すごく簡単だったので、いろんな形のポップアップが作れそうです!
scancut cut file

今日もご訪問ありがとうございました。「ほぉっ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 18

スキャンカットで実験その3

ラベルスタンプは、カットできるのでしょうか?

このままではダメなんです。全部ラインがつながっていることが条件なので。
でもでも、ちょっとしたトリックを使ったらちゃんとカットできました!
label stamp

ブルーのラインがスキャンしたスタンプそのもので、黒いラインが付け加えたアウトラインです。
label stamp2
アウトラインの幅は変えられるので余裕がある方と、ぎりぎりにカットしたもの。
label stamp3

別のデザインでもカット成功。こちらは、スキャンしたイメージをセービングしておいて、カットだけ後からしたもの。
スタンプにコーディネートしたダイがあれば、先にこうやってカットしておいて後からスタンプするわけです。
label stamp4

トリックは、こうやってスタンプしたイメージのアウトラインを、濃い色のペンでなぞっておくんです。そうするとその形で認識するので、この形自体をセービングしておけば、後からいつでもダイカットを作成できるわけです。
ただ、その場合、スタンプを後から押すために「縫い代」加工を大きめにしておく必要があります。なので、ぎりぎりでカットしたいときは、アウトラインを鉛筆で書いて、カットしてから鉛筆ラインを消します。
label stamp5

ラベルスタンプは使う頻度が高いと思ったので、先に数枚カットしておいてストックすることにしました。
label stamp6


今日もご訪問ありがとうございました。「ほぉっ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 16

流行ってます、斜めのパネル  Card No.61

カードメーキングのブログやYou Tubeは本当に数えきれないほどありますよね。
デザインの参考にいつもチェックしているサイトがいくつかありますが、中でもお気に入りの一つに、Amy Rさんのブログがあります。
デザインのセンスがすごく良くて、デザイナーペーパーの使い方とかとても勉強になります。

5月6日にポストされた、彼女のこのカードがとても気に入ったので真似てみました。さすがにMFTのデザインチームのメンバーだけあって流行に敏感。今は、斜めのパネルが大流行中で、しっかり取り入れています。
casedcard.jpg

手持ちのスタンプで、似たような感じに仕上げられるスタンプセットを出してみました。海底テーマのスタンプセット、バックグランドスタンプを大きいのとセットの一つずつ。全てSUでリタイヤしてしまったスタンプセットです。特にウッドマウントを外してクリングマウントに変えたバックグランドセットは、デモンストレーターになった時のスターターキットとして選んだスタンプです。
casedcard2.jpg

AmyさんのカードはオレンジのマットはMFTのピアシングエッジのダイでカットされていますが、私はSUのピエアシングテンプレートで穴をあけました。ディストレス風のバックグランドスタンプを、カードストック(SU Pumpkin Pie)と同じインクでスタンプ。
casedcard3.jpg
熱帯魚に海藻、貝は全てスキャンカットで切り取り。海藻はセンがつながっていないスタンプなので鉛筆でアウトラインをなぞってからスキャンしました。
casedcard4.jpg
Amyさんのデザインにはこの部分には何の飾りもないのですが、カードのサイズが微妙に私バージョンの方が長いので、この部分に何か足りない気がしていました。バックグランドスタンプの模様の一つが砂のように見えたので、それを角っこに押してグリッターできらきら加工しておきました。
casedcard5.jpg

似ているようで、違う。。。でもこれはこれでいいかなと思います。こんな風に、他の人の素敵だと思ったデザインを基本に手持ちの道具で再現してみると、とってもいいデザインの勉強になります。
casedcard6.jpg

今日もご訪問ありがとうございました。「なるほどねぇ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 14

スキャンカットでカード Card No.59 &60

スキャンカットの調子はますます好調!使い方にも慣れてきたので、カードデザインも、スキャンカットを使えるようなデザインを考えるようになりました。

内蔵しているパターンの中でも、ボーダーパターンはカードメーキングにぴったりです。
bordersby scanncut
SUのカードストックも、すっきりカットできました。ちなみに内蔵パターンのオリジナルサイズはもっと長かったのですが、作るカードのサイズに合わせて調整しました。
bordersby scanncut2

フォーカルポイントはGina Kのお花スタンプ。お買い物金額に応じてもらえるフリースタンプです。黒色以外のインクでもカットできるか試してみました。前に別のスタンプでスキャナーが認識できなかったオレンジも、今度は問題なくカット。黄色のインクも大丈夫でした。やはりスタンプのイメージの方が、インクの色よりも重要みたいです。
bordersby scanncut3

ボーダーを付けて、メインパネルはエンボス加工。これはマニュアルダイしか使えないのでカトルバグも出動です。
もともとマニュアルダイカットマシーンは、エンボス加工をしたくて購入したので、スキャンカットがあってもカトルバグはこれからも愛用していきます。
bordersby scanncut4

センティメントとお花が1セットになっていました。フリーの期間が終わると売り出されます。
bordersby scanncut6

デザインがかなり気に入ったので、ついでに男性用バージョンも作ってみました。
ボーダーはお花風から、シェブロン(ギザギザ模様)に変更。エンボスもシェブロンを持っているので。スタンプは別のGina Kのセットから。もちろんダイカットはスキャンカットです。お花スタンプの時よりも、ボーダー部分を細目に設定しました。
bordersby scanncut7

bordersby scanncut8

中も、外で使ったボーダーでコーディネート。
bordersby scanncut9

両方でこんな感じです。手でカットするよりも楽なので、複雑に見えますが量産できるデザインです。

ちなみに、フラッグパネルは自分でカットしました。この形のパターンも内蔵していますが、サイズ変更にオンラインのグラフィックソフトを使わないとVの部分が思うような角度に変えられなかったので。
でもこんなにシンプルな形はペーパートリマーとハサミを使った方が速いです。一つで万能なマシンは、やはりないと思うので、用途に応じて最適な道具を選んでいけばいいと思います。

それに、道具を集めるのも楽しみの一つですよね!
bordersby scanncut10

今日もご訪問ありがとうございました。「なるほどねぇ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 13

スピナー(Spinner)カードとオーストラリア雑学 Card No.58

Spinner cardを作ってみました。Spinnerとはスピン、つまり回転するという意味です。
いつもチェックしているアメリカのSUデモのDawnさんのYou Tubeを拝見して、15歳になる姪っ子のお誕生日カードに応用しました。

一ひねりして、イーゼル機能とコンバイン。
spinner card

こうやって、イーゼルのように立ち上がらせて。。。。
spinner card2
「15」の部分が、ぐるっと周りを回転します。
spinner card3

spinner card4

spinner card5

回転させるメカニズムに、Dawnさんはペニーコインを使用していましたが、私はというと、1円だま使用。消費税が8%になってから1円玉が溜まって仕方がありません。こんな利用方法もたまにはいいのでは?!

ちなみに、オーストラリアでは消費税は導入された当時から10%です!!それに伴い、日本でいうところの1円玉を一挙に廃止してしまったんですよ。値段表示は端数が13セントとかになっても1セントコインが廃止になったので繰上げして、実際は15セント払うわけです。13セントだと、四捨五入してくれるところもあります。何か、勝手に決めていいみたいです。だって、四捨五入という感覚がないようなんで。

全く別の話ですが、昨年末にシドニーに里帰りした時、有料道路の料金所が全て廃止になっていたのに驚きました。
料金所が廃止だからといって、無料になったわけじゃないですよ。全面、日本でいう所のETCオンリーに変わってしまったんです。
いつも有料道路を使用しない人たちにとってはETC(オーストラリアではEタグと言っています。)持っていない人も沢山います。
では、そういう人が有料道路を通過したらどうするか。。。。とりあえず無賃で通過しておいて、後で関係部署に連絡して後払いするんです。通過して一か月以内に「自己申告」しないと、とんでもない金額に膨れ上がって請求が来てしまいます!!
その手続きが料金所の上の看板に書いてあるんですけど、ぴゅんと通過する時に、ちゃんと読めるのかなぁ・・・?

結構思いっきった、無茶ともいえる(日本ではおそよ考えられない)手段に出てしまうオーストラリア、大好きです。


今日もご訪問ありがとうございました。「ほぉ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 11

使えるデザイン   Card No.54,55,56&57

オーストラリアでSUのデモンストレーターを「ほそぼそ」としていた頃、初めてカードを作る人向けのワークショップで使っていたデザインです。

すでにリタイアしてしまったSUのデザイナーシリーズペーパー(通称DSP)と
one sketch9

パンチとおそろいのスタンプセットを使って作ります。別にダイカットマシーンとダイも使用。
one sketch10

まずはクリスマスカード。
one sketch

主人が「スキャンカットがあるから、もうカトルバグいらないよね。」と言いますが。とんでもない!!もちろん手持ちのダイを使い続けるために必要ですが、ドライエンボス加工のためには、まだまだカトルバグ活躍です。
そもそも私がカトルバグを買ったのは、ダイカットのためでなく、エンボス加工をメインにやりたかったからなんです。
one sketch2

基本のデザインは1つ。それを向きを変えたり、フォーカルポイント、このデザインの場合はセンティメントのパネルですが、その位置を変えるだけで、違ったイメージのカードが簡単にできあがります。
one sketch4
バックグランドペーパーの一部を切り取ってパネルに貼ってみました。
one sketch5

デザインはシンプルでも、バックグランドのペーパーを変えるだけで、違うデザインに見えます。
one sketch3

one sketch6
このカードは2種類のパンチを使用。
one sketch7

4枚全部並べてみるとこんな感じです。こんな風に、シンプルでも簡単に素敵なカードに仕上がるのは、ペーパーもインクもカードストックも全てカラーコーディネートされているからです。私がStampin Upに夢中になった最大の理由です。
one sketch8

今日もご訪問ありがとうございました。「ほぉ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 10

母の日カード         Card No.53

今年の母の日カードは、すでに1か月以上前に作ってました。
毎年何枚か違ったデザインを作っておいて、主人のお母さん用は主人にその中から選んでもらいます。

今年主人が選んだのはこれ。
cardlesson2-3.jpg

実は数年前作ったカードです。その時は選ばなかったのに、不思議。

このカード、一見複雑そうに見えますが結構作り方は簡単です。アウトラインンスタンプの押す場所と、色の選び方、重ね具合にちょっとコツがありますが、それがわかれば全くの初心者の方でも簡単に作れます。

時々細々と行っているカード教室で、よく取り上げているデザインです。

今日もご訪問ありがとうございました。「ふぅ~ん。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 09

スタンピンアップカタログ Card NO.52

スタンプに夢中になり始めたのは、Stamping`Upに出会ったから。

オーストラリア在住時にはデモンストレーターもしていました。その当時のカタログ、今でも大事に持っています。

懐かしい気持ちがあるのも理由ですが、SUのカタログって、単なるカタログではなくアイディアの宝庫でもあるんです。
なので、カードデザインの参考のために、今でも時々昔のカタログをひっぱり出しています。
su idea book

このページの右側のデザインを参考に、少しアレンジして作ったのが、これです。
su idea book2

Gina Kのスタンプキットのパターンペーパーの切れ端を有効利用。フォーカルポイントのお花は、ScanNCutではなく手でカット。
クリアエンボスしてあります。エンボスしたイメージでもカットできるのか、試してみる必要あり!
黒インクでスタンプした時は、このイメージ簡単にアウトラインをつけたり、つけなかったり、どちらでもすごくきれいにカットできました。
su idea book3

今秋からいよいよ日本でも発売のStampin'Up、どんな商品展開となるのでしょうか。待ちきれない!!


今日もご訪問ありがとうございました。「ほぉ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 07

スキャンカットでステンシル自作

物凄く細かいイメージならどんな感じになるのか実験です。このスタンプイメージを使用。
stencil.jpg

アウトラインは全く問題なくカットできました。スキャンしたイメージをセーブすると、カットのオプションを編集できます。アウトライン全体をカットしたり、ラインと中味を両方カットしたり、中身の部分だけカットしたり、とイメージによって組み合わせるといろいろできそう。
これはアウトラインと、ラインと中味の両方カットを試してみました。
stencil2.jpg
アウトライン全体は全く問題なくカットできましたが、さすがに、ラインと中味をカットするオプションでは、一見うまく細いラインもカットできていましたが、マットからはがす際に私がちぎってしまいました。ところどころカットできていなかった部分もあったしラインが細すぎるので、このスタンプには向いていないオプションのよう。
stencil3.jpg

stencil4.jpg

でも、成功したアウトラインを切り取ったポジとネガでステンシルができました!!まずネガの部分で周りをマスキング。バラの部分をスポンジで着色。
stencil5.jpg

stencil6.jpg
それからポジの部分でバラをマスキングして周囲をスポンジンぐ。
stencil7.jpg
You Tubeではアセテートシートを使ってステンシルを作っていました。まだ交換した刃をおそるおそる使っている状態なので、紙しかカットしたくない気分です。いずれカードストック以外の素材にもチャレンジしようと思います。
stencil8.jpg

カードストックの厚み分だけギャップができましたが、これはこれでハイライトになっていいかなと思います。
stencil9.jpg

今のところ、まだまだ刃の切れ味はシャープです。

いつも長々とまとまりのないブログなのに皆さん遊びに来ていただき本当にありがとうございます。
おかげさまで、「賞品スタンプが届きました」が1位となりました。とっても励みになっています。
何か質問等がありましたら、遠慮なさらず、気軽にメールフォームからお問い合わせしてくださいね。今後ともよろしくお願いいたします!!

今日もご訪問ありがとうございました。「なるほど。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 06

賞品スタンプが届きました!!

Gina Kのカードチャレンジで優勝した賞品が届きました。
実際に届いたのは4月末だったんですが、スキャンカットに夢中になっていたので、それ以外のことはちょっとおざなりになっていました。

国際郵便だというのに、よくぞこんなに送ってくれました、という感じです。
gina k prize

スタンプはセットではなくて、過去のスタンプセットなどからのバラのスタンプ。スタンプ福袋、というところでしょうか。
「Love you」以外は持っていないスタンプでした!
gina k prize1
リボンに、赤いブラッズそしてヘンプ。
gina k prize2
そしてペーパーさえも。賞品はスタンプだけかなと思っていたので、予想外の充実ぶりに感激です。
実を言うと、このペーパーパック持っているんですがお気に入りで、マッチングするカードストックと一緒に買ったのですが、使い切りのがもったいなくて、遠慮がちに使っていました。これでちょっと大盤振る舞いできそうです。
gina k prize3

スタンプのインデックスシート。カメリアかな?スキャンカットでフォーカルポイントを作るのに向いていそう。ペンギンちゃんは、スキャンカットのためにあるようなイメージです!!
gina k prize4


今日もご訪問ありがとうございました。「なるほど。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 05

スキャンカットでカード!! Card No.51

このイメージは果たしてカットできるのでしょうか?
intricated image

ちゃんと認識して、ダイレクトカットのオプションで外枠を2ミリつけてカットしてみました。すごい切れ味。
intricated image2

同じイメージを編集機能で縫い代を付けてみました。ブルーの部分がすでに2ミリの外枠付のサイズです。その上からさらにアップリケ用の縫い代(3ミリに設定しました。数種類の縫い代幅が選べます。)を付け加えたのが、黒いわく部分です。
intricated image3

取りあえず、縫い代付を白のカードストックでカット。
intricated image4

縫い代付にしたサイズをいったんセーブ。そして違うカードストックで切り取りました。
intricated image5
重ねると、ちょっと大きめなので、マッティング効果となります。この機能を使うと、これまでスペルバインダーとかのネスティングダイで、少しずつサイズの違うダイセットを買ってマッティングしていたことは必要なくなります。

私のスペルバインダーはオーストラリアで買ったものなので、1セット平均4000円。5から8個のダイがはいっていますが、全部のサイズを使ったことがないので、必要ないサイズにもお金を払っていたことになります。ダイセットをすでに10セット近く持っているので、もっと早くScanNCutが発売されていれば、かなり節約できていたはずです。
取りあえず今後はよほど特殊なものでない限り、ダイを買う必要がなくなるので、私的にはお得です。それにScanNCutには変圧アダプターがついているので海外でも使用可能。近い将来、また日本を離れヨットの生活に戻る予定なので、ヨット船内の電圧でも使用できることも調査済み。
intricated image6

切り取った部分も無駄にしません。カードストックにマッティング。センティメントを加えて。。。
intricated image7

ポップドットで盛り上げました。
intricated image8

こんなデザインになりました。カードストック、メインスタンプはSU,センティメントはGina Kです。
intricated image9
中味には同じスタンプを薄いカードストックと同じインクのセカンドジェネレーションでスタンプしました。
intricated image10

カットの仕方でいろいろ変化がつけられるので、今持っているスタンプの使い方がどんどん変わりそうです。

刃の切れ味:まだまだ良好!!

今日もご訪問ありがとうございました。「なるほど。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 04

Thumping テクニック  Card No.50

Thumpingテクニックを使ってバースデーカードを作りました。
用意するものは、インクパッドとスタンプ用マーカー。スタンプの種類は、アウトラインでもソリッドタイプでもどちらでも大丈夫です。

今回はアウトラインスタンプを使用。まず普通にインクを付けます。このテクニックの注意点は、インクパッドの色よりもマーカーの色が濃いものを使うこと。そうでないと、マーカーにインクパッドの色が移ってダメージを与えることも。
thumping.jpg
その上から、マーカーで「トントン」と色を付けていきます。Thumpingというのは、英語でいうところの「トントン」とか「ポンポン」とかの擬音の意味です。なのでこの名前。
thumping2.jpg

多色使いの、ディストレス的なイメージに仕上がります。
thumping3.jpg

今回のカードのメインイメージはドレス型。金属の型がちょっと錆びた雰囲気にしたかったので、Thumpingテクニックがぴったりだと思いました。
thumping4.jpg
エンベリッシュメントは、葉っぱのダイとパンチで作った花。
thumping5.jpg
SUのパンチ。
thumping6.jpg
センティメントはGina Kの先月のおまけスタンプをスペルバインダーのタグダイに重ねました。
thumping7.jpg
オーストラリアの友人のお母さんへのお誕生日カードなので、ちょっとレトロな感じに仕上げてみました。
thumping8.jpg

今日もご訪問ありがとうございました。「なるほどぉ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 03

Brother SNC 実験その2

パターンペーパーの一部を切り取りにチャレンジ。スキャニングはきちんとできていましたが、カットするイメージとして認識してくれるでしょうか。バックグランドとイメージのコントラストがあまりないので、難しいタイプだと思います。
pattern paper scanned2

やはり、パターン上の色の濃い部分しか認識してくれませんでした。スキャニング専用のマットを使ったり、上から透明なプラスティックシートをはってスキャニングしてほしい部分をペンでなぞるといい、というのはYou Tubeで観ました。
pattern paper scanned3

次に内蔵しているイメージをこの紙の上でカットしてみます。AR-A010のお花パターンをチョイス。
pattern.jpg

簡単にカットできました。刃のだし具合はカードストックよりも少な目に変更。毎回試し切をして調整しています。
pattern2.jpg
切り取った余白部分で、別のパターンの花弁の部分をカットします。切り取りたい素材自体をスキャンさせて、パネル上でカット部分を選べるので、パターンペーパーのどの部分を使いたいか、選ぶことができます。
pattern3.jpg

そして、最後は、このパターンペーパー上でスキャンが認識してくれた小さい花部分を切り取ってみました。
pattern4.jpg

じゃじゃ~ん!!すごくきれいにカットできました。Fussy cutしなくてもいいので便利。
pattern5.jpg

全部くっつけて花のエンベリッシュメントを手作り。
pattern6.jpg

他にも、前の刃がダメになる前にカットしていたスタンプイメージと内蔵パターンです。
これぐらいの分量をカットしただけで、切れなくなったので、おそらく不良品の刃だったと思います。だって、こんな程度でいちいち刃を変えなければならなかったら、アメリカであんなに人気がでるわけないですよね。

ROBの文字は、もともと別個のものだったのですが編集機能を使って、くっつけて一つのパターンにしてからカットしました。スクラップブッキングのタイトルを作るのに便利。アップリケにすれば、子供さんの持ち物に名前をつけることができますね。
birdcage6.jpg

この鳥かごイメージはアウトラインを付けずにカットしたものです。鎖の細~い部分まですっきりカットです。
pattern7.jpg

今日もご訪問ありがとうございました。「ほぉ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 02

Brother SNC(スキャンカット)実験その1

新しい刃に変えて、カット実験開始です。

このマシンの画期的なところは、自分でスタンプしたイメージをパソコンなどに取り込まず、そのままスキャンしてカットできる点ですが、全てのスタンプイメージが上手にスキャンできるとは限りません。
基本的に、全ての線がつながっていることが条件で、それ以外にも、どの色でスタンプしたのか、スキャンする時の周りの照明状況とかバックグランドの様子によっても差が出てきます。

最近はやりのコピック等で色塗りするのが目的のスタンプ、Magnolia, Paper Smooches, Lawn Fawnなどのイメージはとっても適していると思います。

うまくスキャンできなかった例です。
birdcage2.jpg
黒く移っている部分しかスキャナーが認識していません。
birdcage3.jpg

同じイメージを黒インキでスタンプしたらうまくいきました。このままカットするのがダイレクトカットのオプションで、線通りにもカットできますし、外枠を付け足すこともできます。
birdcage.jpg
スキャンしたイメージをいったんセーブしてから、再度イメージを呼び起こすと、サイズを変えることができます。赤で囲った部分のイメージのサイズが変わります。複数のイメージが同じスクリーン上にあっても赤枠で分けることで、個別にサイズを変えられます。
birdcage4.jpg

サイズを変えたものをセーブすることができるので、いちいちスタンプしなくても、パターンとしてカットできるので、カードストックをスタンプよりも少し大きめのサイズでカットし、その上から後でスタンプを押す、という使い方もできます。

外枠をつけてダイレクトカットしてみました。新しい刃は切れ味抜群!!
birdcage5.jpg


今日もご訪問ありがとうございました。「ほぉ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

2014. 05. 01

Brother ScanNCut気になる点!!

買ってからまだ数日しかたっていないのですが、気になる点が出てきました。

4月27日の夜に到着したScanNCut、早速使い始めて何枚かのスタンプしたイメージをカットし始めました。
翌日28日にも少し、カット。カードストックだけをカットして、スタンプイメージは全部で15枚ぐらいでしょうか?

突然28日の夕方、切れ味が悪くなり、どんどん切れなくなってしまったんです!!

そこで、購入先のユーロポート(株)さん、(ホビーショーでデモンストレーションしてたそうですよ。)に相談しました。
すぐに替刃を送付する手続きをしていただき、4月29日には受け取りました。迅速な対応に大満足。
最初についてきた刃が不良品だったのかなぁと思いながら新しい刃に買えようと見比べてみると、確かに、切れなくなった刃の先ぽが丸くなっていました。「やっぱり。」

刃を変えようとした時、何気にマットを見てみると、なんと外枠に傷が!!それも結構沢山、おそくカットした分だけぐらい。
cutting mat3

そこで、古い刃のまま、カットする様子をじっくり眺めてみると。。。
カットする前に、いったん外側に刃が下りてマットをタッチしていました。それから実際にカットしたい部分に移動してカットし始めました!! なので毎回傷がつきます。
cutting mat2

cutting mat1

え~!!!これってまずいいんじゃないの。だから刃がたった2日間で鈍くなってしまったんじゃないの!!と思い、
翌日(4月30日)に早速、ユーロポートさんに再度連絡。すると、その部分に傷がつくのは「普通」とのお答え。そこで刃の向きをくるっとかえる作業が行われるとのことでした。
それでも心配だったので、ブラザーのお客様相談室にも確認。同じ解答をいただきました。

マットの外側を削ってしまうことで、刃が鈍くなることはない、とのことでした。
なので、最初についてきた刃が不良品だった「かも」、ということなのですが・・・・・・

正直、複雑な思いです。というのは、はっきりとは刃がどれぐらいもつかのお答えは、いただけず、ユーロポートさんは、ホビーショーで3時間ぐらい使いっぱなしだったけど大丈夫だった、とのことから判断すると、私の使用頻度は、間違いなく少ないです。なので、刃が悪かった、としか考えられないのですが。

でも、もし、もともとその程度しか刃が持たない製品だったとしたら。。。消耗品のコストがかかりすぎます。(替刃1000円)本体のお値段も相当なもので、かなり思い切って決断したので、そんなにも消耗品が頻繁にかかって高いと知っていたら、買わなかっただろうし。

今となっては、時が教えてくれる。。。ということですよね。

いつもチェックしているSplitcoast Stampersのフォーラムでも、2か月ぐらい使い続けているけど刃を変える必要はまだない、と言っていた人もいたし。

最初の刃が不良品だっということを、切に願う私です。じっくり新品刃と悪い刃を比べてみたら、悪い方の刃の方が、全体の長さが3ミリぐらい長かったんです。もしかしたらこれが原因で、必要以上に刃が出すぎていて、消耗が激しかったのかもしれませんが、その割にはカッティングマットのカットエリアには傷はついていません。

ちなみに、マットの外側に傷がつくことは、取扱説明書のどこにも記載されていなかったんで、ブラザーの人に「それって書いてないと不安になって、買った人問い合わせちゃうと思いますけど。」と提案しました。
後で、ブラザ―USAサイトのFAQコーナーの片隅に、その件が載っているのを発見しましたが、書き方自体は非常にわかりにくく、「なんでマットの外側に傷がつくの?」という質問ではなく「刃の向きがちゃんとした方向を向いていることは、どうしたらわかるのですか?」という、直接ピンとこない質問の答えに、この傷のことが書かれていました。
日本語サイトには書いていないようでした。FAQの形式も違っており、非常にわかりにくい形だったので隅々まで私が読んでいないせいなのかもしれませんが。。。


今後の経過を、随時、お知らせしたいと思います。

今日もご訪問ありがとうございました。「なるほどぉ。。。」と思われたらポチッをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

 | ホーム | 

リンク

 

メールフォーム

お問い合わせはこちらから!

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯メールの場合はPCからの受信をOKにしておいてくださいね。
 

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

カテゴリ

 

月別アーカイブ

 

RSSリンクの表示

 

QRコード

QR